看板力とは?事例紹介自動見積り製作の流れ会社案内

看板デザイン(LED・ネオン)のジャスティ - 看板BEFORE AFTER


看板BEFORE AFTER

ソナーレ・音大学生倶楽部様 デザインを一新して、明るい雰囲気のお店に『Change!!』


ソナーレ・音大学生倶楽部


看板は、まさにお店の顔。私たちも普段飲食店を探すときなど、何気なく看板から得られる雰囲気でどのお店にしようか決めることってありませんか?

今回、弊社の事例の中からご紹介する、楽器可賃貸専門のアパート・マンションショップ『ソナーレ・音大学生倶楽部』様の案件では、そんな「看板のビジュアルから得られるイメージ」をフルに活用してサインのリニューアルを行いました。

前の看板屋さんにお願いしたデザインがいまいち暗い、お洒落じゃなくて気に入っていないetc.そうした悩みをお持ちのお客様は、これを期にぜひデザインを一新してみてはいかがですか?


POINT !!

写真1-b 写真1-a


メインファサード


今回、お客様からの最も大きな要望が『もっと明るい印象を与える看板にしたい』ということでした。

オレンジと黒を基調にした施工前のデザインは、文字情報が密集していて内容が分かり難く、またどうしても見る側に重い印象や薄暗い印象を与えてしまいがち。そこで弊社では既存のサイン全てのデザインをリニューアルすることにしました。

上の写真は、お店の中で最も目立つファサードの部分。ランマ看板、ウィンドウサインともに、白い背景に楽器のシルエットを効果的に配置。また意図的に余白を作ることによって、全体的に爽やかで軽やかなイメージを目指しました。

写真2-b 写真2-a


パネルサイン


入口横の壁面に設置してあるパネルサインです。アルミ複合版にインクジェットシートを貼り付けています。

看板の効果を最大限に発揮させるためには、全てのサインのデザインを統一させることも重要です。ここでもファサードの部分と同様、楽器のシルエットや曲線を配置することによって、爽やかで軽やかなイメージを演出しました。

写真3-b 写真3-a


蹴あがりサイン


階段のスペース部分を利用した蹴あがりサインも、看板の中ではよく利用される「定番」の一つです。

こちらもアルミ複合版にインクジェットシート貼り。階段を昇る際に必ず目に入るサインですので、お客様を2階・3階のフロアに誘導したいときなどに優れた効果を発揮します。

写真4-b 写真4-a


袖看板


道を歩く方々にお店の存在をアピールする手段として、袖看板は非常に多く使われるサインです。

今回は既存の袖看板がありましたので、板面のシートとアクリル板のみを差し替えましたが、既存の袖看板の損傷が激しい場合などは、本体の交換が必要になる場合もございます。

写真5-b 写真5-a


スタンドサイン


スタンド看板は設置が容易で、電飾の有無・本体の素材などのバリエーションが豊富なため、お客様にはとても人気があります。

内照式の場合は、照明の光を透過させるための電飾用シートを使用します。他の看板と同様、板面にあまり多くの情報を詰め込んでしまうと視認性が低くなってしまいますので、伝えたい情報を精査しバランスよく配置することが大切です。

写真6-b 写真6-a


のぼり旗


のぼり旗はコストパフォーマンスが高く、お客様自身で簡単に出し入れが可能ですので、主に短期間で使用する用途に適しています。

また表示面の交換も容易ですので、短期で広告の内容を入れ替える必要のある場合などは優れた効果を発揮します。

協力:ソナーレ・音大学生倶楽部様(http://www.sonare.co.jp/


お問い合わせはこちら


TOPPAGEへ


E-mailの送り先はこちらまで